迷子警報。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

fantasic carnival

memories of childhood


「乙夜の一番古い記憶って何?」


「はぁ?」



突然振られる話の内容ではない気がする。
思いっきり顔をしかめたあたしに、杳は苦笑を返した。


「だから、憶えてるなかで一番古い思い出。何?」
「突然なに?」
「気になったんだよ。いいだろ、教えてくれたって」


良くないから渋ってることに気付け。

そして周りの女子の視線が痛い。

容姿端麗、
眉目秀麗、
才色兼備、
文武両道
と、貧相なあたしの語彙で思い付く限りの四字熟語が全て当てはまる上に、
この地域では有名な名家である龍崎家の次期当主である龍崎杳。

そんな杳に近づきたい女子なんて山ほどいるわけで、

何の因果か、
その龍崎杳と幼馴染みで、
彼にいたく気に入られているあたしは、
日々敵意に満ちた視線に晒されている。



重たいため息を吐き出す。

「…面白くないどころか、ただの悪夢なんだけど」
「何それ」


杳は気乗りしないあたしに気を遣うことなく、興味津々といった感じで聞いてくる。





仕方ない。白状しよう。


そこは瀟洒な大通り。

霧の中蠢く無数の影。

それらは全て着ぐるみだった。

耳があるべき場所から綿が飛び出たくま。
目の代わりのボタンが取れかけたライオン。
右腕がないうさぎ。


どれもこれも壊れたぬいぐるみのようなのばかり。

そんな壊れたぬいぐるみ達が躍りながら行進している。
まるでカーニバルみたいな光景。

それに圧倒されて立ち竦む幼いあたしの前で、
継ぎ接ぎだらけのネコが立ち止まり、手を差し出して言う。





「ようこそ、楽しいカーニバルへ」





「…―――」




「え?何?」

杳が何か呟いたようだったので、聞き返すと

「うっわー悪趣味」

セリフとは裏腹に楽しそうな笑顔が返ってきた。

「だから話したくなかったんだって。それでも聞き出すとか、龍崎の次期当主はどんな教育を受けてるわけ?」
「そういうなよ。にしても、これは予想外。何?夢?」
「そうでしょ。こんな経験、現実にはありえなくない?」


半分嘘。


本当は昔の記憶すぎて、現実だったのか夢だったのかすら曖昧だ。

現実に起こるわけがないとは思うが、あまりに鮮明な記憶だから、少し怖い。



「まぁな。…で?」
「は?」
「続き。そんでどうなったんだ?」


なんでそんなに興味津々かなぁ…。

もう少し他のことに興味持ってよ。
周りの女の子とか。周りの女の子とか周りの女の子とか。
あたしよりキレイで可愛い娘たくさんいるってのに。


にしても続きを聞かれるとは思ってなかった。


「続き…ね。ないよ」
「ない?」
「それ以降の記憶が全くないんだよね。その何日か後にあんたと遊んだ記憶はあるんだけど」
「何だよ、やっぱ夢か」


つまらなさそうな顔で言われたって困る。ていうか、これはあたしが悪いのか。


「あ、そういえばさ」


「今度は何?」
「カーニバルみたいって言うので思い出したんだけど」
「何よ」


あたしを真っ直ぐ見て、笑顔の杳が言う。



「あのな―――――」














追記よりあとがき&コメ返し

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。